« お別れ短歌 | トップページ | お別れ短歌3 »

2006.06.24

お別れ短歌2

「もう二度と会うことはない!」と叫びつつクララは立って走って逃げた(広越まりも)
これが今生の別れとなるとは、ハイジは夢にも思いませんでした…妄想。

|

« お別れ短歌 | トップページ | お別れ短歌3 »